館山のZakka Owlで展示します!

2015年も残り数日ですね。

3年ぶりに日本で家族とお正月を迎えたくて、日本に一時帰国しています。

ブログでも何度かお伝えしていますが、年明け1月10日(日)千葉市内で展示、受注会を行いますが今日はもう1件お知らせがあります!

今回縁あって、千葉県館山市のおやつマルシェ&Zakka Owl店内でも、年始の1月2日~shoko_igetaの商品の一部の展示、受注をさせていただけることになりました!!

しかも今回、ドイツのBio(オーガニック)系のハーブティー各種、お菓子類、雑貨類も同時に販売をしています!

おやつマルシェさんでは日々、体に優しい素材で色々な作家さんが手掛けたsweetsも販売しています。

手作りの美味しいクッキーや、スコーン、ワッフル、またクリスマス前にはドイツの伝統的なクリスマスのお菓子、シュトレンも販売されています。

年始は1月2日~(月、火、定休日)営業されてます!

帰国のチケットを取ったときにはまさかこんな風に展示会ができるなんて想像もしていませんでしたが、沢山の方々のご協力、ご支援をいただき、短期の滞在にも関わらず2カ所でこのような機会をもてること、本当に嬉しく感謝しています。

今回、この2カ所でのイベントにあたり、ベルリン在住のイラストレーター、高田ゲンキさんみほこさんご夫妻にはフライヤーの作成もご協力いただき、こんなすてきなフライヤーもできました!!↓

 

2015-12-28 22.19.26 2015-12-28 22.20.05

1月2日は私も在廊していますので、お近くにお越しの方はぜひお立ちよりください!!

多くの方とお会いできるのを楽しみにしています♪

 

 

 

 

【展示&受注会のお知らせ】

以前から告知していた展示&受注会の催行が決定しましたのでお知らせします!!

小規模ではありますが、少しでも多くの方に商品サンプルや、素材の色、質感など実際に見て触って実感頂ける機会となればと思いますので、お気軽にお茶がてらいらしてください!

詳細は以下のとおりです。

日時:2016年1月10日(日) 11:00-16:00

会場:キッチン圓(MARU)
住所:千葉市中央区稲毛区轟町1ー2ー6

アクセス:JR総武線西千葉駅北口 (千葉大側)徒歩5分

Kitchen MARU map

ご用意している商品以外にも個別にスペシャルオーダーのご相談(現在お持ちのもので、同じ形に作ってほしいなど)ご要望があればお気軽に見本となるものをご持参ください。できる限り対応させていただきます。

また、当日はshoko_igetaの商品だけでなく、Hofnung Berlinの商品(ブレスレット)もいくつか展示予定ですので、ご試着もいただけます!

また、12/23までにご注文いただければ当日会場でのお渡しが可能です。

*商品によっては23日以降でも対応可能な場合もございますのでお気軽にお問合せください。

当日はフリードリンクをご用意しておりますのでご家族、ご友人をお誘いあわせのうえお気軽にお越しください。

多くの方にお会いできるのを楽しみにしております!

 

Christmas dinner

先週末はドイツ語講座のクラスメイトと先生とクリスマスディナーでした。

色々な国の人たちがいるので、食べ物は各自持ち寄りでした。

先生はドイツの定番料理、Rot Kohl(紫キャベツ)とKnödel(じゃがいもと小麦粉を混ぜボール状(野球ボールくらいのサイズ)に丸めてゆでたもの)にバタークリームソースと、赤ワインソースの2種類のソース。

スウェーデン人の友人はジンジャーブレットケーキ、マレーシア人は遊びに行っていたパリからお菓子とサラミ、私はお好み焼きを、イギリス人はものすごく大きいボストンバックを抱えてやってきて、みんな仕事でどこかに行っていてそのまま来たのかと思っていたら、中身は何種類ものイギリスのビールと、イギリスのChips、Christmas Pudding とブランデー、ブランデーバター(バターにたっぷりの砂糖とブランデーを混ぜてクリーム状にしたもの)、手作りのApple crumble!!

まるで彼がリアルサンタのようでした!

一通り食事を終えたら、お待ちかねのSweets!!

パリからのお貸し、やジンジャーブレットのケーキ、Chipsにアップルクランブル、そしてなんといってもChristmas pudding!!!

 

IMG_1137[1]

 

IMG_1138[1]

写真のように湯煎で温めたらお皿に出してブランデーをかけて火をつけてChristmas songを歌ったらたっぷりのブランデーバターやホイップクリームを添えて頂きます。

ドイツや他のヨーロッパの国々ではこれはしないらしく、みんな大興奮!

アルコールが全くダメな私にはかなりキツイですが、せっかくの機会なので少しだけ、美味しくいただきました♪

Merry Christmas!!

 

【新商品】Name Tag (round shape)

新商品を紹介します。

 

 

上質なイタリアンレザーを使用した手縫いのネームタグです。

小さいお子さんのスクールバックや、手提げ袋などにもいかがでしょうか?

お名前、お好きな言葉を刻印します。

 

色: ライトブラウン(キャメル)

直径:約5cm

紐の長さ:20cm(ご希望の長さがあればご注文の際にお知らせください。)

 

*刻印はアルファベット大文字となります。

その他”-” ”.” ”&” ”・” ”/” ”+” ”=” ”~”等は可能です。

気に入っていただけたらこちらからご購入いただけます。

If you are in outside from Japan and you are interested in this products please click here!

 

工房の紹介-vol5- Suspenders

工房(Hoffnung Berlin)のベルト以外の商品を紹介します。

 

今回はサスペンダーを紹介します。

Hoffnung Berlinでは色々な種類のサスペンダーを制作販売しています。

一般的な金具のクリップのサスペンダーの他にも、レザーでクリップ部分をベルトとつなぐ2種類(以下の写真)のサスペンダーがあります。

レザーの色ははブラック、ダークブラウン、ライトブラウン(キャメル)の3種類、ベルトはお好きな生地を組み合わせいただけます。

IMG_0821

 

suspender

↑このレザーパーツの制作作業は本当に手間がかかります。(特に左のサスペンダー)

まず、レザーをパーツごとに型で切り取り、各パーツごとに1ミリ、2ミリの厚さまで薄くします。

ボタンが着いているUの字状になっているパーツは全面スプレーでノリを吹き付け、中央に芯となる紐を置き、折り込みます。ノリがきちんと接着するように、1つ1つハンドプレスし、その後、再度型で裁断。その後、裁断部分のエッジのカラーリング、カラーリング部分をブラシでポリッシュし、全てのパーツの縁をミシンで縫い付けます。

1セットでこのパーツが3つ必要になるため、クリスマス前のこの時期は毎日作っても作っても追いつかないほどです。

IMG_0820

写真は制作途中の段階です。

この後、背中のクロス部分のレザーをミシンで縫い完成です。

年齢問わず、若い方からお年を召した方まで幅広くご購入いただいています。

こちらのサスペンダーも、気になるものがあれば、(事前にご連絡いただければ)年末年始の帰国時にお渡し可能ですので、お気軽にお問合せください。

☆お知らせ☆

shoko_igetaは現在、年始に千葉市内で小規模の展示受注会を企画しています。

仮:2016年1月9日(土)

当日、ご希望があればHoffnung Berlinの上記商品もご紹介したいと思いますので、ご覧になりたい(または、ご購入希望の)商品、サイズをお気軽にお知らせください!

ご連絡はFacebook、下記コメント欄、またはこちらからお気軽にお願いいたします!!

ベルリンで家探し&引っ越ししました!

IMG_1112[1]

タイトルにもあるように、突如思い立ってベルリンに来てから2年半近く住んでいたWG(シェアフラット)を出て友人と2人で家を探すことにしました。

今までのフラットは大人4名とフラットメイトの娘がたまに一緒に生活したり・・・と結構な大人数で住んでおり、広々とした家ではありましたが、シェア生活にも少し疲れてきたので、友人と2人で住める家はないかと思ったのがきっかけです。

ベルリン在住の方にとっては常識ですが、ベルリンでの家探しは本当に大変です。ここ数年で移民や難民急増しているとこもあり、家が見つかるまでは本当に時間がかかるのが常識です。

私も友人もフリーランスで仕事をしているので、現状、自分たちだけで賃貸契約を結ぶのはかなり大変だとわかっていたので、とにかく今回は短期(といっても1,2か月ではなく半年くらい)で募集している物件を探しました。

私たちの場合、今までのフラットの契約終了などの期日が特になかったので、時間はかかるだろうけど、気長に探そうとまずはWG Gesuchtというフラットメイト募集などの、賃貸物件情報サイトをチェックしました。

その中から目ぼしい物件を見つけたら、とにかく片っ端からメッセージを送ります。このメッセージも結構重要で、ただ単に、お部屋の条件やまだ空きがあるかを問い合わせるのではなく、ドイツでは相手が何をしている人でどんな人間かを簡単に書くことがとても重要視されています。

たしかに、部屋を貸す側からしたら、どんな人かわからないよりは、フレンドリーでオープンな人に貸したいと思うのは当然かと思います。

というわけで、メッセージはとにかく感じ良く!

私たちは未だドイツ語が未熟すぎるので、「英語で書いてすみません!」という一言も必ず添えつつ、日本人女性で仕事をしていて、きれい好きで、ベルリンには既に数年住んでいるというようなことを書いて、あとはとにかく、気に入った理由などを書きつつお部屋を褒める!そして都合のいい時に部屋を見せてほしい旨伝えました。

よく聞く話では、何十通メールを送っても、数件しか返信がこないということでしたが、低姿勢&フレンドリーなメールを心掛けた結果か、はたまた、ただ単にラッキーだったのか、初日に問い合わせた数件中全ての物件から返信が来ました。

そして、すぐに内見の日時を打ち合わせ、その週に2物件内見に行きました。

これだけ物件探しが困難な状況なので、当然、貸す側の人たちもたくさんの問い合わせを受け、たくさんの人達と面接(内見)をします。

あとは本当に運だとは思いますが、内見した週になんと、1番気に入っていた物件からオファーを頂けました!

ただ、その物件、内見した時に半年の入居期間中、既存のwifiの契約はキャンセルした状態で賃貸すると言われ、必要なら自分たちで契約するようにとのことでした。

(ドイツではダウンロードの規制などが本当に厳しく、半年の不在期間中に何かあると困るとの理由からでした。)

ドイツでのネット契約は本当に時間がかかるという話は知っていたので、部屋は欲しいけど・・・と友人と悩んだ結果、もう1度オーナーにネット契約を引き継がせてくれないか(私たちはネット操作などに疎いため、違法ダウンロードなどできないし、半年のために契約するのは効率てきではないためなどの理由を添えて)問い合わせたところ、解約せずに契約を引き継がせてもらえることになりました。

感じ良く接するだけでなく、必要なことはきちんと伝え、お互い不明点のないようきちんと話合うことで信頼関係が生まれました。

その後、まさにドイツ!という書類何枚にもわたる契約書の読み合わせを行い、その場でもまたもっと細かい事(もともとある家具や室内のダメージ箇所の確認など)を話合い、引き渡しとなりました。

2年半前、スーツケースとバックパックだけで入国したはずなのに、物が見事に4倍にはなっていました。

引き渡しから入居開始日まで1週間ほど時間があったので、毎日自転車で少しずつ荷物を運びましたが、新しいフラットは丘の上のため、本当に大変でした・・・ でも!友人と女子2人の生活は本当に穏やかで、引越してよかったと実感中です。

IMG_1114[1]

(新居のバルコニーからの夕日)

今年は本当に色々あって、生きていることすらツライ時期もあったけど、新しい出会いや挑戦もたくさんあって、辛いことを引きずらないように、とにかく他のことに目を向けて新しい状況に身を置いて、一つ一つ目の前にあることをこなしていくうちに、精神的にも回復して、それどころか、6,7年前のエネルギーで満ち溢れていたころの自分に戻ったような感覚すら覚えます。

経済的に余裕がないので引っ越しなんてできないとほんの数か月前まで思っていたのに、まさか、一番住みたいと思っていた人気エリアに住めることになるとは・・・人生って本当に考え方次第でどこまででも方向転換できるのだと実感しました。